何をしてもだめっだった。ついにはあんなことになるなんて。

便秘。それは女性には特になりやすく大敵です。私は保育園児のとき、いや、産まれてからずっと便秘に悩まされ、サプリメントや漢方やドラッグストアにおいてある薬を山の数くらいためしました。そこで出てくるのはまずはコーラック。

 

あれは、出るは出すんですが痛みがひどく、休みの日の前日でないと勤務に差し障るほど私には向いてませんせんでした。次には胃腸薬も試してみました。穏やかな効き心地で、痛みはなく、胃にもいいので肌荒れが治りましたが、続けているうちに胃には依然効くのですが、便秘のほうには全くアプローチしなくなってしまいました。

 

そして漢方ですが、錠剤よりも粉末が効果があると漢方の利用経験者に見習って、いざ漢方粉末を購入したのです。まず、金額が高いことに支払いをして驚きました。効果があったとしても、毎月購入するには厳しいかと。その後、やはり漢方は順調に効いてくれたのですが、お尻に違和感を覚えました。

 

なんだろうと、恥ずかしながら鏡越しに見てみると、なんと「痔」になっていたのです。直ぐにまたドラッグストアへ行き、今度は「痔」の治療薬の購入です。あれほど恥ずかしいことはありませんでした。が、仕方がありません。違和感の後から出血と痛みが襲ってきていたのですから。そして、いよいよ市販薬で痛みも治まらず、専門医にかかることとなりました。

 

先生にそんなところを見せるのには非常に羞恥心がありましたが、見せないわけにもいかず、いざ診察台へ。先生に外から中から診察していただき、痛みに悶絶しながら診察終了です。先生によると、漢方でも、無理やり腸を動かして排便するタイプがある。あなたの飲んでいるのはそれだから直ぐやめてください、と。

 

えぇ!?と口をあんぐりしていると、続けて、このままだと手術になるね。大きな病院紹介するから、と。ひぇぇ!?結果、私は便秘の放浪のおまけに「痔」をもらい、手術に至りました。その後は入院中の食事療法と水分の摂取。術後も不安ですがちゃんと落ち着きました。

 

日々の生活に戻ると食事の管理がきちんとできなくなり、また便秘の再発。ストレスもかなり関係しているのは自覚していました。幸い「痔」にはならず、最近はマグネシウムという腸に水分をためて排便を促す薬でなんとか生活ができています。皆さんも、たかが便秘、されど便秘なので充分ご注意ください。

 

越後の龍 酵素の口コミ

 

 

コメントを残す